留学エージェント業務約款

V20180102

第1章 総則

第1 条(適用範囲)

1.当社が申込者との間で締結する留学に関するサポート業務に関する契約(以下留学サポート業務契約という)は、本約款に定めるところによります。
2.本約款に定めのない事項については、法令(オーストラリア)または一般の慣習によります。
3.当社は、第2 項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で、特約の申込みに応じることがあります。

第2 条(申込者の条件)

本約款で当社が提供できるサービスについて、申込みができる申込者(以下申込者という)は、次の各条件を満たした者に限ります。
一. 申込み手続きを行う学校、留学プログラム、その他留学に付随するサービスが規定する年齢、性別、資格、技能その他参加、入学条件を満たしていること。
二. 申込者(同居親族を含む)が反社会的団体員でないこと、または同団体との付合いが一切ないこと。

第3 条(用語の定義)

1.本約款で「エージェント契約」とは、当社が提供する各種留学サポート業務を申込者が当社に申込み、当社が引き受けることで成立する契約をいいます。
2. 本約款で「オーストラリアドル」は、当社が提供する各種留学サポート業務をオーストラリア留学で適用される申込者が支払う通貨のことをいう。

第2 章 提供するサポート業務

第4 条(サポート業務)

1. 当社は、申込者のために次の各項のサポート業務を行いますが、原則として無償で行います。
当社が行うサポート業務は次の各号の通りになります。
適用国は、オーストラリアになります。当社は、申込者が、留学プログラムの申込みを行う国のサポート業務を行いますので、申込の国でない場合は、その国のサポート業務を受けることはできません。
適用対象国オーストラリア

2. 無償サポート
(各国共通無償サポート)
一.無料カウンセリング
二.留学費用見積もり
三.申込した学校の入学日の案内
四.入学許可証もしくは入学受理証を学校から受け取り申込者へ転送
五.学校以外の機関が運営する滞在先と空港出迎えの紹介
六.渡航までにおける留学行動計画の提案
七.航空券購入のご案内
八.留学保険の購入のご案内
九 現地オーストラリアシドニーオフィスへのご来社・相談

1. 例外手配代金

例外的に各手配代金として下記各号の料金を頂きます。
全ての有償サポートは、事前にお客様へ告知を行い進めていきます。

一. 緊急手配料金
当社スタッフが、郵送、またはFAX にて申込書(学校や滞在など各手配機関への提出書類)を受け取った日から出発日までを起算して21 日を割りこんでいる場合

2.滞在先のサポートについて
各種学校が運営する滞在先については、各滞在先と申込者の間に問題が生じた場合、学校と連携を図り、申込者の希望をお聞きし、解決に向かうための学校との折衝を行う。問題解決を行うのは学校であるため、当社では、問題解決に向かうため、学校との折衝を行います。そのため当社は一切の滞在先における責任は負いません。
学校以外の機関が運営する滞在先については、紹介のみとしている為、問題が生じても当社は一切の責任は負いません。

3. 学校、滞在先機関などの契約書類(英語)の翻訳サポートについて
当社では、学校、滞在先機関や他との契約書類が英語になる場合でも翻訳行為は一切行っておりません。
ご契約文書は、各国の法律に基づき作成され、申込者個人がその機関との契約を行う上で、弊社が英語の文章を翻訳することにより、原文の文章のニュアンスが損なわれる可能性が高いため、翻訳作業は行いません。
ただし、契約書類についての注意事項などは、口頭で可能な範囲でご説明申し上げます。その場合でも当社がその行為において責任を負うことはございません。

第3 章 エージェント契約の締結

第5 条(エージェント契約の申込み)

申込者は、当社所定の申込書に所定の事項を記入の上、当社に提出しなければなりません。当社が別に定める金額がある場合は、申込者は、その金額を当社へ支払いを行います。

第6 条(契約締結の拒否)

当社は、次の各号に掲げる場合においては、エージェント契約の締結を拒否することができます。この場合の、締結拒否については、当社と申込者本人におけるものとし、申込者が、各学校や留学プログラム提供企業と別の契約を締結している場合は、その契約に従うことになります。

1.申込者が年齢、資格、技能、その他の条件を満たしていないことが明らかになったとき。
2.申込者が過去に何らかの精神疾患を持っており、発症する可能性がある場合。
3.申込者が、作為、不作為にかかわらず当社の手配に支障を招来する場合。
4.申込者が申込書類などを期日までに提出しなかったとき。
5.申込者の連絡先に当社から電話または電子メールにより連絡をするも期日までに、申込者から返信を頂けないとき。
6.下記内容の問題をお持ちの方。

一.過去に、海外の滞在先国へのビザ取得拒否、入国拒否をされたことがある方。
二.過去に、海外渡航先で、入国時に質問を受けたり、止められたことがある。
三.過去に、海外渡航先のビザ申請において、ビザ取得までに入国履歴や過去のビザに関して移民局より質問を受けたことがある。
四.過去に、海外の滞在先国から国外退去を命じられたことがある。
五.過去に、海外の滞在先国で警察機関に拘留されたことがある。
六.過去に、滞在国へのビザ申請時に移民局より申請目的や書類提出を求められたことがある
七.過去に、海外の滞在先国で犯罪(軽犯罪を含む)を起こしたことがある。

第7 条(契約の成立時期)

1. エージェント契約は、当社がエージェント契約の締結を承諾し、申込者が【留学エージェント役務提供契約書】にサインをし、電子メール、FAX、または郵便にてご提出頂く場合、または弊社のウェブサイト上(http://aus-ryugaku.com)にて申込者が【留学エージェント業務約款】を確認し、オンライン申請フォームへ記入・申込み手続きを行い弊社が受理した時点で成立します。

第4 章 契約の変更とキャンセル

第8 条(申込者からの契約変更)

1.申込者は、エージェント契約成立後に行われる各種学校、その他留学プログラム、(滞在先機関への変更依頼も含む)の変更手続きは、下記条件により、変更できます。所定の変更手数料については、110 オーストラリアドルを支払うことにより変更できます
変更手続きは当社が代行手続きを行います。
但し、次の各号にあてはまる場合は、変更手続きが行えません。
一. 代金の支払いがすでに完了している場合。
二.変更受付日から起算して、各契約(留学プログラムや滞在先など)の開始日までの日数が31 日未満の場合。

2.申込者の変更通知は、電子メール・FAX および郵送のみにてすることができます。この場合は、当社が前記に定めた当該方法により契約変更の申告を受け取った日とします。ただし、学校の提供する留学プログラムや滞在先機関との契約により、変更に伴い、別途変更手数料がかかる場合、もしくは変更できない場合は、別途当該の契約事項に従う必要があります。

第9 条(当社からの契約変更)

当社は、天災地変、戦乱、暴動、官公庁の命令など不可抗力による事態が発生し、当社の当初のサポート業務の履行が出来ない場合は、申込者に速やかに事情説明の上、契約内容を変更、解除することができるものとします。

第10 条(申込者からの契約キャンセル)

1. 申込者はいつでも各号に定める取り消し料金を当社に支払うことによりエージェント契約をキャンセルできます。
申込者が、当該留学エージェント契約とは別に、契約を交わす学校との契約書、滞在先などとの契約については、その契約先との規定(返金規定など)がございますので、それらの契約は、契約ごとの規定を順守してください。

契約キャンセルの通知は、電子メール、FAX、郵送にて受け付けます。契約キャンセルの受付日は、当社がそれら方法により契約キャンセルの申告を受け取った日とします。

当該契約ごとのキャンセルのための手数料(以下キャンセル料金という)がかかります。当社と申込者における契約キャンセルによるキャンセル料金は各号の通りです。

一. 受付日から起算して出発日(学校は、コース開始日という。以下同様とする)が90 日以上の場合、3万円のキャンセル料金がかかります。
二.キャンセル受付日から起算して出発日(コース開始日)が89 日から31 日の場合、4万円のキャンセル料金がかかります。
三.キャンセル受付日から起算して出発日(コース開始日)が30 日以下の場合、5万円のキャンセル料金がかかります。
四.キャンセル受付日が出発日(コース開始日)を過ぎている場合、支払い頂いた金額全額がキャンセル料金としてかかります。すなわちご返金が一切ないことを示します。

※出発日もしくは、コース開始日の早い方を基準として、キャンセル料金を設定します。出発日が無い方、オーストラリアにすでに滞在されている方は、コース開始日を適用させます。

※留学プログラムの申込みが複数ある場合は、当該エージェント契約について、各学校に対して、学校ごとに契約キャンセル料金が発生します。また、同じ学校で複数の留学プログラムを申込している場合は、1つの留学プログラムとしてみなし、一番早いコース開始日を適用させます。
申込者が、当該留学エージェント契約とは別に、契約を交わす学校との契約書、滞在先などとの契約については、その契約先との規定(返金規定など)がございますので、それら契約は、契約ごとの規定を順守してください。

2.申込者は、次の場合は、前項(10 条の1項)の規定にかかわらず、キャンセル料金を支払うことなくエージェント契約をキャンセルできます。
天災地変、戦乱、暴動、官公庁の命令など不可抗力により事態が発生し、エージェント契約のサポート業務の実施が不可能となり、又は不可能となるおそれがきわめて大きいとき。

3.申込者の自己都合による学校契約・滞在先契約の取り消しについては、契約を行う学校の規定書、滞在先の規定書によるため、当社の契約では扱いませんが、各号の自己都合の契約の取り消しについては、弊社では一切受け付けできません。

一.学校環境・立地・設備への不満
二.講師や学校職員への不満
三.コース(クラス)への不満

滞在先(ホームステイ、学生シェアハウス、学生寮)の申込者から、下記各号の自己都合による取り消しについても同様に当社では受け付けません。

一.同居している他の学生への不満
二.滞在先環境・立地・設備への不満

第11 条(当社からの契約キャンセル)

当社は次の各号に該当する事由がある場合は、当社は、いつでもエージェント契約の全部または一部をキャンセルすることができます。

一.申込者が年齢、資格、技能、その他の条件を満たしていないことが明らかになったとき
二. 申込者が当社の手配に支障をきたす場合
三.申込者が申込書類などを期日までに提出しなかったとき
四.申込者の連絡先に当社から電話または電子メールにより連絡をとっても返信をいただけないとき
五.申込者が各滞在機関で滞在している間に、同じ部屋に住んでいる人、もしくは近隣住民の生活を妨げる行為をした場合や各種学校での素行が劣悪であった場合などにより、当社の信頼を害する事由があった場合。
上記各号により当社が損害を被った場合、損害賠償を請求する場合がございます。
六.申込者が過去に何らかの精神疾患を持っており、発症する可能性がある場合。

第5 章 支払い、請求

第12 条(代金支払い)

当社は、学校、滞在先機関などの請求額をお客様から預り金として代金請求をし、その機関へ代金の支払いを代行します。代金支払いは、当社銀行口座へお振込み頂きます。

第13 条(代金支払い方法)

代金は、当社銀行口座へお振込み頂きますが、ご希望の申込者は、直接学校、滞在機関への支払いを行うことができます。ただし、その場合に生じた一切の責任は弊社は負いません。送金手数料については、申込者負担とします。

第14 条(代金支払い期日)

各種学校や、留学プログラム申込決定後、各機関が発行する請求書を当社が発行し、発行日から3 営業日以内にお支払ください。
3 営業日を過ぎる場合は、当社担当カウンセラーまで遅れる旨を伝え、了承の旨の連絡を受け取って下さい。

第15 条(請求書の金額変更)

一.請求書の支払い期日を過ぎて代金支払いの遅延により学校、留学プログラムが提供する金額が改訂されたときは、請求書の再発行をして、その金額に従って頂きます。
各学校やその他留学プログラムが特別価格設定を行っている場合は、期間の定める期日までの支払いを行って頂きます。
二.当社が提供する例外的なサポート料金が生じた場合、一度支払いが完了した後の代金の変更・返金は行いません。
三. お申込みされた留学プログラム、滞在先機関などの契約に基づき請求金額の変更がなされた場合は、すみやかにその当該機関へお支払頂きます。
契約成立後に、学校や留学する国の規定・規約の変更により留学プログラムが変更になる可能性があります。
支払い金額の変更については、各学校との契約により通知される日程などは異なり、各学校との契約によります。

第16 条(返金)

学校の留学プログラムや滞在機関への滞在費などの料金が、その学校や滞在先機関の契約書に基づき返金の有無、返金の時期が行われます。それぞれの契約書に記載されている返金規定を参照してください。
弊社がその返金金額を当該機関より入金を受け付けた場合は、弊社はすみやかに申込者の銀行口座へ振り込みを行うことにより返金を行います。その際に返金が通貨変更になる場合、為替レートを利用して返金を行う場合は、返金する日の各国の為替レートを適用します。その際の送金手数料は申込者負担となります。

第6 章 責任

第17 条(当社の責任)

一.当社は各留学プログラム手配の履行にあたり、故意、または過失により、申込者に損害を与えた場合は、その損害の相当額を賠償いたします。但し、申込者が契約書類の確認を怠っている場合は、弊社は責任を一切負いません。
二. 申込者が次の各号の事由により、損害を被られた場合におきましては、当社は、一切の責任は負いません。

A. 天変地異、戦乱、暴動、またはこれらのために生じる日程の変更もしくは中止。
B. 運送、宿泊期間などのサービス提供の中止や遅延、不通、スケジュール変更・経由変更またはこれらのために生じる日程の変更、もしくは中止。自由行動中の事故、食中毒、盗難など。
C. 官公署の命令、外国人の出入国の規制、伝染病による隔離または、これらのために生じる日程の変更もしくは中止。
D. 留学滞在中における学校施設や、宿泊施設の備品の破損など。
E. 専門学校におけるコース変更、カリキュラム変更による分割支払いの授業料金の金額の変更
F. 学校の規定変更による、カリキュラムの変更・コース時間の変更による留学生活の変化における心身がこうむる損害
G. 学校の規定変更におけるために付随する滞在ビザの問題
H. 各国ビザの取得が出来なかった場合

三. 学校が予告なく閉鎖(倒産)をした場合、当社では授業料その他費用に関する責任を負いません。そのような事態が発生した場合、学校の所属している団体の補填指示があった場合、申込者は、速やかにその団体の指示内容に従って頂きます。またそれに対する弊社は一切の責任を負いません。その為の情報提供は、当社から申込者にすみやかに通知します。

四.学校が予告なく、カリキュラムの変更・コース時間の変更をする場合がございます。この場合は学校の指示に従って頂きます。
またそれに対する弊社は一切の責任を負いません。その為の情報提供は、当社から申込者にすみやかに通知します。

第18 条(申込者の責任)

一.申込者の故意、過失、法令、公序良俗に反する行為、もしくは申込者が本契約の記載事項を守らなかったことにより、当社が損害を受けた場合は、申込者は、損害の賠償をしなければなりません。
二.申込者は、エージェント契約を締結するに際しては、当社から提供された情報を活用し、申込者の権利義務その他のエージェント契約の内容について理解するよう努めなければなりません。
三.申込者は、身体的、精神的病状など含むにより何らかの事件、事故が発生する可能性がある事は全て当社に報告する義務があります。また、それに関するいかなる損害に対しても当社は責任を負いません。
四.申込者は、留学開始後において、契約書面に記載された留学業務サポートを円滑に受領するため、万が一契約書面と異なる留学業務サポートが提供されたと認識したときは、留学地において速やかにその旨を当社、当社の手配代行者又は当該留学サービス提供者に申し出なければなりません。
五.現地での申込者の怪我、疾病等の発生に伴う諸費用、申込者の不注意による荷物紛失、忘れもの回収に伴う諸費用が発生した場合は、それらの費用は、申込者が負担します。
六. 現地にて申込した学校の延長は必ず当社にご連絡頂きます。
七. 申込者は、それぞれの留学する国の法律を順守しなければなりません。
八.申込者は、申込みをした留学プログラムをプログラム開始後、途中でやめる場合は、必ず当社に連絡しなければなりません。

第7 章 契約期間

第19 条(契約期間)

当社と申込者における契約期間は、契約の成立時から、申込をした留学プログラムの就学期間とします。就学プログラムの申込をしていない方は、その申込されたプログラムの終了時とします。

上記約款は、2018年1月2日に改訂されたものです。

LifeIsMusic Pty Ltd
リズム留学センター
住所:Suite 6.05, 68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia

 

※専門学校・大学進学(予定者)の留学プログラム申込みの方のみ下記をご確認ください。

専門学校・大学就学にあたって同意書

【V20180102】
下記確認事項へ確認をお願いします。

専門学校・大学就学に関して、同意して頂く事がございますので、一度お読み頂き、御理解の上お手続きを進めて頂けます様、宜しくお願い致します。

【入学に関して】

□ 語学コースから専門学校への進学を目指す為に、申込みされている語学学校コースの期間については、あくまで留学生の英語力の伸びを想定した仮の期間になります。仮の期間を経た後、専門学校の求める入学基準(英語力など)を満たしていない場合、語学学校のコース期間の延長、専門学校の入学日の再設定などを行わなければなりません。それに伴う一切の責任は当社では負いません。専門学校入学のための英語力テストの方法についても、変更または追加でテストが設けられる場合があります。当社は学校からの情報を基にご案内しておりますので、内容の変更や追加がある場合は、学校の指示に従って頂きます。尚、変更に伴う費用やコース費用に関して自己負担となります。

【コース科目変更・料金変更について】

□ 各学校(専門学校、語学学校、大学)で提供されているコースは定期的に、政府教育機関からカリキュラムの編成の見直しが行われます。コース内容の変更やカリキュラム編成があった場合、コース就学前、途中に関わらず、各変更ごと(コース期間の変更、料金の変更)については、従って頂かなくてはいけません。

(想定されるケースの一部)
・コース内容や、カリキュラムの変更により、当社から案内しております料金から変更される場合がございます。その場合は学校からの変更に沿って頂き、差額がある場合は差額をお支払い頂きます。
・コース内容やカリキュラムの変更により、既にビザ(取得済でも、申請前でも)に対して、変更や再申請(ビザに付随する各種変更)などが起こる場合があります。
・コース期間が長くなり、申請済みの学生ビザで新しいコースがカバーされない場合、新たに学生ビザを申請する必要がございます。また学生ビザが延長される期間、OSHC(学生保険)も延長する必要がございます。
・コース期間が短くなる場合、コース終了後28 日以内に次のビザを申請するか、日本への帰国を選択する必要がございます。
・コース期間内で予定されていた試験や授業がコース期間外になることが想定されます。

【学校オリエンテーションについて】

□オリエンテーションの案内については、申込みされた学校、もしくは当社からご連絡申し上げます。
コース開始3 週間前になってもオリエンテーションの案内が来ない場合は、必ず当社スタッフにお問い合わせ下さい。

【学生保険(Overseas Student Health Cover について】※オーストラリア留学(学生ビザ)の方のみ

□学生ビザ保持者は、オーストラリア滞在期間分の学生保険(OSHC)に加入する必要がございます。お申込時に、申込をされていない場合は、お客様ご自身にて手配願います。また、語学学校と専門学校を同時に、お申込された方や学生ビザを延長された方は、就学分を全てカバーしていない可能性がございますので、ご自身で各保険会社に確認・延長手続きをして頂きます。

【教材費(テキスト)】

□学校によってはタームごとに教材が変わる場合があり、それに伴い教材費が新たに発生する場合があります。
通常そのような変更がある場合はエージェントに通知ではなく、校内にて学生への直接の案内がありますので、学校からの案内を必ずご確認ください。変更や追加があった場合は、自己負担となります。

【学校の成績や出席率について】

□就学中は学校から指定のある出席率や成績を保つ必要があります。万が一出席率が下回ったり、成績が満たさない場合は修了証が発行されないことや、学生ビザ保持者の方は移民局に通知されることがあります。
出席率や成績に関しては、ご自身で学校からの通知を受け取るようお願い致します。
基本的に弊社が学校からのその様な通知を受け取ることはございません。
学生ビザ保持者の方で、移民局に通知された場合はご自身で学校と移民局に連絡を取り、今後の指示を仰いで頂きます。

【学校の退学について】

□学校を途中でお辞めになる場合は、学校または当社スタッフまで必ず御連絡下さい。返金に関する規定は、各学校の返金規定と当社の申込条件書に従って頂きます。個人の都合でお辞めになる場合は、学校への退学通知や退学に関する書類の取得はお客様ご自身で行って頂きます。尚、学校の退学をもって学生ビザのキャンセルとならない場合がございますので、必ずご自身で移民局に確認して下さい。

LifeIsMusic Pty Ltd

上記条件書は、2018 年1 月2 日に改訂されたものです。
条件の内容は、予告なく変更される場合があります。

専門学校・大学就学にあたって同意書【V20180102】を理解し、学校の入学手続きを進め、入学することに同意します。