夏休み・冬休み・春休み留学プログラム

夏休み・冬休み・春休み留学とは?

日本の夏休み・冬休み・春休み留学は、学校の長期休暇期間中に海外留学をし、現地で生の英語を学ぶだけではなく、スポーツをはじめ、様々なアクティビティに参加することができる、小中高生に特化したプログラムです。近年日本を始め韓国や中国などでも夏休みや冬休みの休暇を利用して子どもだけでオーストラリアへ留学するのがポピュラーとなっています。

お子様だけでサマースクールなどに参加し、海外での留学生活を経験することで、“普段人前で話すことが苦手”、“自分で決断することがなかなかできないという”お子様が変わることのできる、大きなきっかけとなります。また、日本との環境や文化の違いを実際に自分の目で見て肌で感じることで、想像力や表現力の豊かさを身につけることもでき、将来への可能性を広げることに繋がります。

英語や海外に興味を持っているというお子様、思い切って親離れし、一人で海外に飛び立とうとするお子様はきっと、背中に大きな羽を持っています。お子様が自分の力で羽ばたけるように、できる限りのサポートをご一緒にしましょう。

One today is worth two tomorrow.
今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちがある。Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)

夏休み・冬休み・春休み留学のスタイル

① 単身留学

基本的にお子様一人で留学するスタイルです。学生寮やホームステイ先に滞在することで異文化体験、国際交流を楽しむことができます。

② 親子留学

お子様だけではとても心配、親御様も一緒に留学できる環境が整っているという方にはぴったりのスタイルです。

③ 添乗員同行留学

何人かのグループに対し日本人のスタッフが付き添います。はじめての留学で不安のあるお子様、お友達同士で一緒に留学したいという場合などに適したスタイルです。

オーストラリアでする夏休み留学の魅力

① 過ごしやすい”冬”

季節が日本と逆のため、日本の蒸し暑い夏から逃避できます。特にゴールドコーストでは最高気温が20度前後、ケアンズでは25度前後と、日本に比べると穏やかな冬を過ごすことができます。ただし、オーストラリアは冬でも日差しが強いので紫外線対策は必須です!

② 現地の子どもたちと一緒に学校で授業を受けることができる

夏休みの時期が違うため、日本の夏休み期間の7〜8月にも現地では授業があり、学校の受け入れ状況により短期留学でも授業を受けることができます。

③ サマースクールなどで英語力がスピードアップする

子どもだけが参加するので、「文法がよくわからないから話せない」「間違っていたらどうしよう」などと話す前に色々考えて躊躇してしまう大人とは違い、物怖じせずすぐに英語を口に出すことができます。よって、学習スピードがとても早く、英語力が目覚ましく伸びていくのです。

オーストラリアでする冬休み留学の魅力

① 真夏のクリスマスが体験できる

キリスト教圏ではクリスマスは特別な日にあたります。クリスマスの意味や過ごし方などは実際に留学するからこそ学べるもの。また、新年の迎え方も日本との違いを感じることができ、貴重な異文化体験となります。

② 寒さ知らずの冬休み

日本の冬期はオーストラリアの夏期。オーストラリアの夏は日差しが強くカラッとしているところが特徴。ジメジメした日本の夏に比べ過ごしやすく、気持ちのよい日が多いです。しかし、突然の雷雨に気をつける必要があります。

③ 大自然でのアクティビティ

オーストラリアと言えば数々の美しいビーチをはじめとした、大自然を有する国。青い空、緑豊かな森林、きらきらとした波は何とも言えない感動があり、その中でするスポーツなどの課外活動は自然の偉大さを感じることのできる、貴重な体験となります。夏が大好きな方には2度夏を経験できる、とても贅沢な1年になりそう。

オーストラリアでする春休み留学の魅力

① 穏やかな季節

日本が春休みに入るこの時期、オーストラリアはちょうど夏の終わりから秋のはじまりで、まだまだ暖かくて過ごしやすい日が続きます。大部分の英語圏が肌寒いこの時期に、ちょうど良い穏やかな気候で留学できるのがオーストラリアの魅力。

② イースターホリデーを楽しむ

日本の春休みはキリスト教圏であるオーストラリアのイースターホリデーと重なる場合があります。日本ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、オーストラリアでは盛大に祝われ、町中にはイースターエッグがあらゆるところで見かけられます。

③ 現地の学校で授業を受けることができる

オーストラリアではこの時期も学校での授業があるので、現地の生徒と一緒に授業を受けることができます。英語学習やアクティビティを通して外国で友達を作ることもでき、新学期が始まる前に少し違った体験をしておくことで、新たな気持ちでスタートが切れます。


留学先の時期や環境、お子様の性格、様々な条件によってメリット・デメリットは変わってくるものですが、共通している長期休暇中の留学のメリットは、

  • 国際交流を図ることができる
  • 異文化体験ができる
  • 日本の学校を休む必要がない

などの点が上げられるでしょう。課外活動を通して人間性の形成や友達作りができ、様々な国からの留学生が訪れているため、文化や価値観の違う留学生同士の交流により、良い刺激になります。

また、日本に戻ってから英語の勉強を頑張るようになったなど、学ぶことの楽しさや素晴らしさを改めて実感できるでしょう。


サマースクールとは

オーストラリアの夏休みの間、現地で開いているキャンパスを利用し、留学生に英語学習と異文化体験を提供しています。1〜2週間という短期間から参加することができます。受講に際して特別な資格や語学力は要求されないので、誰でも参加することができます。

サマーキャンプとは

主にローカルの子ども向けに用意されたアクティビティの豊富なコース内容なので、参加者のほとんどがネイティブスピーカー。よって、留学生はある程度の英語力が必要となります。

プログラムの内容

英語+アクティビティの内容例

月曜〜木曜日の午前中:英語レッスン

月曜〜木曜日の午後&金曜日:スポーツや観光、文化体験などのアクティビティ

アクティビティの例
  • サーフィンなどビーチでのスポーツやBBQ
  • サッカー、ゴルフ、テニス、水泳やその他アウトドアスポーツなど
  • トロピカル動物園、ふれあい動物園
  • アボリジニアート教室
  • ホエールウォッチング、イルカウォッチング
  • 市内観光
  • 市外観光(ツアーあり)
  • ショッピングなど

英語力のスピードアップが期待できるこの年代のお子さんは、脳が柔らかく吸収力・記憶力がずば抜けているため、留学を通してネイティブスピーカー並みの発音やリスニング力を身につけられる可能性が高まります。少しでも早い段階から英語でのコミュニケーションの楽しさに触れさせ、英語学習のスタートダッシュを切りやすくさせるにはぴったりの時期です。

しかし、親元をはなれた環境で過ごすことは、子どもにとって大きなストレスとなります。本人のやる気や希望、適性を充分に考慮したうえで、留学のスタイルやタイミングを決めることが重要となります。

リズムの夏休み・冬休み・春休み留学プログラム一覧はこちらから

リズムの夏休み・冬休み・春休み留学プログラムをみる